無料ブログはココログ

2007年2月10日 (土)

壊れたおねえさんは好きですか?

Hakeguchi 中村うさぎ著「壊れたおねえさんは

好きですか? (文春文庫)」という本の

広告が目に止まった。彼女、ブランド品

を買いまくり、ホストクラブに入り浸り、プチ整形をしまくった

と、話には聞いていた。

「んー・・・ちょっと壊れ過ぎかな?」

でも、壊れていた自分を「こいつ馬鹿だよなぁ」と笑って

ネタに出来るお姉さんは好きである。

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set DVD DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set

販売元:バップ
発売日:2007/03/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年12月 3日 (日)

光の手

手抜きのコピペじゃないっすよ・・・亀松一押しの書籍

の紹介ですってば。オーラとチャクラの詳細が記されて

います。でも実際に瞑想してチャクラを体感する事の

方がもっと大切。決して本を読むだけの「知識」にしないで

くださいね。

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。

バーバラ・アン・ブレナン/著 河出書房新社

愛は、宇宙を貫く真理であり、我々の存在の本質でもある。

愛は、すべてと一つになる体験であり、
宇宙的な神の意志との一体感である。

すべての苦悩は、人間が神から分離されたと思う
幻想から生まれてくる。

あなたは、あなたの人生の主役である。

自分で考えているよりもあなたには力があるのだ。

「死に至る病気」さえ、治すことができる。
肉体としての人間は、いつかは死ぬときが来る。

だが、肉体であることは「最終的な」形態ではない。

死は別のレベルの存在への移行にすぎないからだ。

▼ 自分の内側に耳を傾ける

超感覚知覚力の開発には、拡大された意識に入る必要がある。

その方法はたくさんあるが、瞑想はもっとも有用である。

もっとも重要なことは、自分の内側に耳を傾ける
時間を持つことである。

「何をしなければならない」「あの時どうすべき
だったのか」などと絶えず騒いでいる、うるさい心
を黙らせる時間を自分自身に与えることである。

騒々しい泡が消えたとき、あなたに優しい調和の
とれた真実の新しい世界が広がり始める。

自分をとりまく環境にとけ込み始める。

その時あなたの個性は、失われるのではなく、
さらに高まっていく。

▼ 病気はあなたへのメッセージ

病気の意味を深く考えることは、とても重要である。

この病気は、自分にとって何を意味しているのか。
この病気から学ぶべきは何なのかと、問いただす
必要がある。

病気とは、肉体からあなたに与えられたメッセージ
ともいえるのだ。

健康を取り戻すのは、当事者自身の努力と変化に
かかっている。

 
最終的には、その人の存在の核に密接に結びついて
いる個人的生活の変化が必要になってくる。

それは、ハイヤーセルフとか内なる神性の輝きと
呼ばれる私たち自身の深いところにある意識に、
私たちを導いていくことでもあるのだ。

▼ 不快という内なるメッセージ

肉体や生活上で感じる不快感は、本当の自分と波長が
合っていないことをあなたに直接伝えているメッセージ
である。

不快感という内なるメッセージに耳を傾け、
あなたの個人的な肉体の要求により注意深く
なれたとき、バランスのとれた濁りのない状態
になる。

そして健康へとあなたを戻していく。

その、耳を傾ける習慣は、直接的な言葉による
導きという現象を引き起こす。

「内なる声」から、非常に単純な指示を
受け始めるかもしれない。

それは、自分の中から聞こえながら、
自分を超えたどこかからやってくる声である。

▼ スピリチャルな教師

注意すれば、あなたの人生の重要な場面でも
「導き手」が働きかけていることに気づく。

ある出来事がなぜもう一つの出来事に続いて
起こったのか。
あなたは、その出来事から何を学んだのか。

私たちは皆、夢の中や直感を通して語りかけてくる
スピリチュアルな教師に導かれている。

もし耳を傾けるならば、おそらく最初は本を通して、
それから、音、声、概念を通して最後には直接言葉で
話しかけてくるだろう。

教師たちは私たちに愛と尊敬で接してくれる。

 
あなたの前には多くの道がある。

どこに進むべきか、今どちらの道を選ぶべきなのか、
「導き手」に尋ねるといい。

きっとあなたは導かれるだろう。

▼ 救いを求めるだけでいい

たとえあなたが死に直面する病気にかかっていても、
意志に問題があったり、落ち込んでいたり、困難な状況に
直面していたとしても、今この瞬間からそれを変え始める
ことができるのだ。

心の奥深くにある強い願いと、自分や他人に与える偉大な
善の力であなた自身を創り直すことができる。

それには、救いを求めるだけでいい。

答えは必ず返ってくる。

▼ チャクラを解放する

チャクラを開放し、エネルギーの流れを増やすのは重要である。

エネルギーの流れが増すほど、私たちは健康になっていく。

エネルギーは、チャクラの先端にある通路を通って、
層から層へと伝達される。

だが、ほとんどの人の通路は閉じたままである。

これらは精神的浄化作用をきっかけに開く。

結果としてチャクラが、層間のエネルギー送信機の役目を
果たすのである。

▼ 憧れに自分を任せる

自分たちの障害を解放し始めるとき、私たちは自分の
使命を果たすようになる。

この解放されたエネルギーで、私たちはずっとやりたかった
ことができるようになる。

人生で何よりもしたいと思ってきたこと、
それがあなたの人生使命なのだ。

あなたはそのためにここにいるのだ。

個人的障害を取りのぞくことで、自分のもっとも
深い憧れを達成するための道を開くのである。

あなたの憧れに自分を任せてみよう。

そして、それに従ってみよう。

それはあなたに幸福をもたらすにちがいない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 著者紹介 ■
―――――――――――――――――――――――――――――――――

著者紹介
バーバラ・アン・ブレナン(Barbara Ann Brennan)
アメリカの著名なヒーラー、セラピストであり、
科学者でもある。
ウィスコンシン大学で大気物理学の修士号を得た後、NASA
(ゴダード・スペース・フライト・センター)に勤務。長年、
人間の体を包むエネルギー(オーラ)やチャクラを研究。
それが実際の肉体上の病気を大きく関わっていることを発見、
独自の病気治療のシステムを確立した。1992年には、
米国・国立衛生研究所の副委員長を務め、議会への
報告書作成に携わっている。
本書は研究の成果をわかりやすく述べたもので、
発売後直ちにベストセラーとなった。
ヒーリングや医療に関心のあるすべての人にとって
必読の書とされている。現在は、ヒーラーの教育育成に
力を注ぎ、ニューヨーク州イースト・ハンプトンに
「バーバラ・ブレナン・ヒーリングスクール」を
創設、校長を務めている。

輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン Music 輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン

アーティスト:サラ・ブライトマン,スティーヴ・ハーレー,ポール・マイルス=キングストン,ウィンチェスター・カテドラル・クワイア,ホセ・クーラ
販売元:東芝EMI
発売日:2006/10/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年11月28日 (火)

天外伺朗

 今回バーストラウマ1・2を書くに際してのネタ元は

「天外伺朗(てんげしろう)著/悩み・生き方のサイエンス

(リヨン社)」である。本名土井利忠1942年生まれ。ソニー

上席常務・・・と言われても馴染みはないだろうが、彼が

フィリップス社と共同開発した製品なら誰でも知っている。

彼こそCDの発明者なのである。

http://khon.at.infoseek.co.jp/chosha/t037.html

 さらに癒し系ロボット犬「アイボ」の開発責任者でもある。

2005年に後継機種・大阪弁ロポット犬が出来たという記事を

見て、このブログで生まれたのが阪神ファンの「まいど1号」、

中日ファンの「えびふりゃー1号」、日ハムファンの「そんだべさ

1号」楽天ファンの「んだっちゃ1号」であるわけなので、因縁

浅からぬ人物と言える。

 本の中で「見放されトラウマ」の典型として紹介されていたのが、

28歳で日本初の仏教系ホスピス「新潟県長岡西病院ビハーラ

病棟」の病棟長になった、森津純子医師である。

http://www.jinken.ne.jp/aged/moritsu/

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%90X%92%C3%8F%83%8Eq/list.html

http://www.moritsu.jp/

 1980年代後半の医学界は、患者を死なせる事は医師の敗北

という信念が支配的で、死を看取るターミナル・ケアの概念が

置き去りにされていた。

つまり日本国民は「死ぬ事」と真剣に向き合って来なかった。

森津医師はホスピス病棟を全国に広めた先駆者の一人と言える。

私も長岡に、モルヒネに関する事などで何度か電話取材した事が

ある。彼女に看取られて死ぬ夢も見た!! (*´∇`*) 

彼女は見放される不安から母親につきまとい、突き放されるという

悪循環に陥る。母親との不和に苦しみ、自己防衛の為に身に幾重

にも鎧をまとい、自殺する事ばかり考え、死に関する本ばかり読み

漁ったという。自殺は永遠の業苦だと知った彼女は、トラウマを

原動力にして戦い始める。高校を首席で卒業する・・医師になる・・

女ブラックジャックになる・・・と高い目標を掲げて突き進んでゆく。

 だが目標を達成しても虚しいばかり。そんな時一人の末期がん

患者の女性と出会う。森津医師は彼女に問われるまま、

死後の世界や臨死体験など、自分が読んできた本の内容を

語って聞かせた。

患者の女性は「最期にあなたにあえてよかった。ありがとう。」

と言い、安らかに旅立っていった。森津医師は自分という存在が

生かされたという感動から、ターミナル・ケアの世界に大きく針路を

変更したのである。

BESTYO Music BESTYO

アーティスト:一青窈
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2006/11/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

2006年10月 8日 (日)

亀松禅初級講座

朝、同じ書評を3度読み返した。敬愛する作家・
中島らもが、酔っぱらって転倒死してから2年になる。
彼らしい最期だった(合掌)。まっ、それはともかく、
「中島らも著/何がおかしい」の書評を抜粋する。
「中島らもは、笑いとは差別だ、と断言する~例えば
センセーショナリズムとピーピング趣味とサディズム
と吉本の芸人で成立しているテレビ番組を見よ、と
中島らもは言う。そこには愚かなものを見て、優越的
感情をもって笑うという差別が構造化されている。
だが、この愚かなものは愚かな視聴者のためにつくり
出された虚構にすぎない。そのからくりに嫌気が
ささないか? と著者は私たちに問いかけるのだ。
 その一方で、ある人物にはこんなふうにも語っている。
なぜ人は笑うのか。それは自己救済のためだ。他人を
笑うことで自分を救っているのだ。だとするならば、
その笑い=差別は、善悪をこえた人間の条件ではある
まいか。人間が絶望に追い込まれたとき、生きるために
不可欠の手段ではあるまいか。
 中島らもがそう語りかけている人物とは、のちに自殺
する落語家・桂枝雀だった。」

 私は先日、MIXIのレビューに「白土三平著/カムイ伝」
を書いた。その中で、ハンセン病患者の息子が、絶望的
貧困の中で、穢多村の人たちを差別する著者の文章を
抜粋して紹介した。
「貧しさのなかで、わたしは部落を差別することを教え
られた。赤貧のなかにある両親にとって、自分たちよりも
みじめな人々の存在は、自らを慰めるには最も手近かな
好材料であった。また、のぞき見る「エッタ」ムラの現実
はひどかった。まさに非人間的、悲惨という他なかった。
だから私たちにとって、そこは「違うところ」「けがれた
ところ」「こわいところ」であり、決して近づいてはならぬ
ところであった。」
 穢多村を知らない人の為に、解説文を加えておく。戦国
時代から江戸期にかけて、支配層は士農工商という身分制度
の最下層に「穢多・非人」という階級を定めていた。穢多
の人々は、牛馬の皮なめしや刑場の下級人足として、死体
処理にどの仕事に従事していた。そうした人たちとその家族
が暮らしていた場所を「穢多村」と呼んだ。明治以降、その
差別は「部落問題~同和問題」として受け継がれ、2006年
9月にも、日本全国に点在する部落の詳細を記したCDロムが
出回ったという記事を見かけた。
 非人とは古代からあった階層で、乞食やハンセン病患者など
がこれにあたる。ハンセン病は五体が目に見えて崩れる病で、
聖書や映画「ベン・ハー」、松本清張「砂の器」の主題として
登場する。最近では「八重樫信之著(写真)/絆 らい予防法の
傷跡━日本・韓国・台湾/人間と歴史社2626円/書評・
立松和平(朝日新聞2006・7月8日)」に一枚の写真が
載っている。重い現実がこの一枚に凝縮されている。1度見る
事をお勧めしたい。
 ハンセン病差別の根底には「恐怖と無知」が存在するのだが、
これは長くなるのでいずれ別項にて。穢多差別の根底あるのは、
「死は穢れである」という観念であり、穢多とハンセン病共通
の観念として、仏教の「過去の因果(カルマ)の応報である」と
いうものがある。ハンセン病に限らず、幼児の奇形の発生原因
も、過去生の報いである・・・と。差別の根は深い。
 だがお気づきだろうか。理屈はどうあれ、全ての原因はこの
「観念」に由来している事に。人間はこの「観念」に縛られ、
振り回されて社会生活を営んでいるという事実に。しかも通常、
人はその「観念」を意識しない。「死は穢れである」という
観念で例えをあげるなら、葬式や法事の帰りに「塩」で清める
という儀式。私たちは受け継がれてきた伝統として、ただ何と
なく慣例に従っている。しかし、そこで一歩踏み込んだ「なぜ」
という疑問を持ち出せば、人類史の闇が待ち構えている事に
気づくだろう。
 19世紀の神秘思想家、ルドルフ・シュタイナーは、人類の
悪を「ルシィフェルとアーリマン」という2つに分類した。
アーリマンは物質に固執する思考の事。そしてルシフェルこそ、
観念や夢想に埋没させておく悪魔なのである。ゆえに対ルシファー
対策として、1つは現象を動かしている「観念」を洞察する事。
そして、その観念を取り除く事。この2つである。
 この戦法を実践したのは、宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長である。
ヤマトの行く手を阻むデスラー機雷。沖田はアナライザー(分析)
にコントロール機雷の探索を命ずる。コントロール機雷を無力化
した後、あとの機雷は手でどけて、ヤマトは危機を脱する。
ディープな松本零士ファン・亀松は、アニメの見方もディープ
なのである。
 こうした観念の巣窟と言えるのが、伝統的「宗教」と言える。
これは機雷のスケールではない。ガミラス星本星に乗り込んで、
海底火山山脈の鉱脈を波動砲で撃ち抜き、大火山活動を誘発
させる必要があるわけだが、長くなるのでとりあえず、亀松禅
の「初級」講座はこのへんにしておこう。

ドラゴンクエスト~勇者アベル伝説~ コンプリートDVD-BOX(限定生産) DVD ドラゴンクエスト~勇者アベル伝説~ コンプリートDVD-BOX(限定生産)

販売元:ビデオメーカー
発売日:2006/10/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年6月27日 (火)

バカの種類

バカにもいろいろあるらしい。

「樋口裕一著/バカを使いこなす聞き方

話し方(幻冬社)」という新刊である。

曰く「世間の狭いバカ・体育会系のバカ・

すべてにルーズなバカ・大物ぶりたがるバカ・

空気を読めないバカ・ワンパターンで考えるバカ・

情にもろいバカ・自分が見えないバカ・冗談の

通じないバカ・自分に自信がないバカ・

表面しか見えないバカ・何でも反抗するバカ・

安請け合いするバカ・真っ正直バカ・感情的に

なるバカ・無教養バカ・人のせいにするバカ・

悲観的に考えすぎるバカ・ノーテンキなバカ・

他人任せバカ・密着するバカ・おべっかバカ・

嫉妬バカ・何でも反対するバカ・色気バカ・

腰かけ気力バカ・孤立バカ・カッコつけバカ・

頑固バカ・思い込みバカ」

よくこれだけバカの種類を思いつくものだと

感心している私は、何バカだろうか?

MONSTER Music MONSTER

アーティスト:B’z
販売元:バーミリオンレコード
発売日:2006/06/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年6月24日 (土)

ビックバン

MIXIのレビューには、「暗号解読」をUPした

サイモン・シンの新作が出た。「ビックバン」

上下巻の大作だ。新聞のコピーがいい。

「地球が動いている? 時間が伸び縮みする?

宇宙に始まりや終わりがある? そんなわけは

ない。常識的に考えてみよ。そんなわけがない

ではないか・・・地動説・相対性理論・ビッグバン

モデル・・・無視され、笑われ、バカにされた。

やがて批判され、論難され、処刑された。

転向を強要され、執拗に攻撃され、学界を

追われた。それでも天才たちは・・・」

読みたい!!!

2006年5月28日 (日)

ふりかけ

世間では「ダビンチコード」とか「ハリーポッター

最新刊」が話題だが、私が最近精読したのは

「熊谷真菜著/ふりかけ(学陽書房)」である。

うーむ・・・なんというわかりやすいタイトル。

何が書かれているか、誰でもわかる。

 ふりかけと言えば、日本の食卓には欠かせ

ない定番であり、あまりの馴染み深さゆえ

ついつい忘れてしまいそうになる食品である。

著者はふりかけの取材と執筆に4年を費やした。

偉い!!! つまりふりかけは、それだけ奥が深い

のである。

 ふりかけの歴史は約45億年前、地球に海が形成

され、塩化ナトリウムが生成された事に始まる。

ふりかけの基本食材の1つ「ゴマ」が日本に伝来

したのは、紀元前4千年以前と言われる。稲・稗・

粟・塩・塩辛・シソ・竹・瓜・粥の伝来もほぼ同時期

と考えられる。

 ここから弥生・奈良・平安・室町・江戸・明治・大正

の時代のふりかけ史が語られ、ついに1960年に

マルミヤ食品から「のりたま」が発売されるのである。

 著者の熊谷は1961年生まれの、自称「タコヤキスト」

前著「たこやき」も侮れない。

┌(・。・)┘└(・。・)┐┌(・。・)┘

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる Book ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

著者:梅田 望夫
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年5月 8日 (月)

アメリカという国

「雲田康夫著/納豆バカ 世界に挑む」の

書評を読んで、大豆は家畜のエサというのが

アメリカの常識だったと知った。なるほど、

それでアメリカでは人間より家畜の方が優秀

だったのかと理解出来た。吉野家がアメリカ産

牛肉にこだわるわけだ( ̄∪ ̄;)

 アメリカの政治家や軍人は戦争中毒だし、

麻薬やニコチン中毒も蔓延しているし、肥満

は国民の50パーセントを超えている。4大

スポーツが「野球・フットボール・バスケット

ボール」と「ダイエット」の国。納豆が国民の

嫌いな食べ物第一位ってのもわかるけど、

体にいいのは玄米と納豆・豆腐、野菜と海藻

に青魚なんだよな。いわゆる「卑弥呼の食卓」

なんだよ。

国家の品格 Book 国家の品格

著者:藤原 正彦
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する