無料ブログはココログ

« 不調の原因? | トップページ | 諏訪 »

2007年3月 9日 (金)

♪きみは吉野の千本桜 色香よけれど きが多い♪

気になる身体を宮崎の麦焼酎でアルコール消毒して

みました(^^;) 

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。

自分が書いたものは、何にせよ思い入れがあるものだが、

この時期特に読み返してみるとしみじみするのが「桜」で

ある。(以下コピペ)

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。

 毎年の事ながら、桜前線北上のニュースが流れる今頃
になると、妙に心がざわめく。これが、古代より連綿と
して桜を愛でてきた、日本人の民族魂というものだろう
かと、誇大に思う事もある。
 桜の名所は全国に数々ある。私が見た中で圧巻だった
のは、やはり皇居千鳥が淵あたりの夜景だろうか。
視界一面、染井吉野の桜・桜・桜・・・
現実とも夢幻ともつかぬ、淡桃色の眩暈の中に身を置いた
感覚だけになれる場所の一つだと思う。
 現在目にする桜の多くは、染井吉野という品種で
ある。パッと咲いてハラハラと散る姿が、はかなくも
美しい。だがこの品種の背景に、政治と洗脳の悪臭を
感じると、単に美しいとばかりは言っていられなくなる。
 染井吉野は、明治政府が国策として全国の城跡などに
植林したもので、遠く平安から江戸期にかけて歌に
詠まれた桜は「山桜」だった。歌人たちは、咲き匂う
生命の輝きを詠んだのである。「散る桜」の美学の
背景には、日本国民を戦争に駆り立てた政治家や軍人
たちの思惑が反映されているのである。

 山桜の名所といえば、奈良県吉野熊野国立公園の
一部である「吉野山」だった。修験道の開祖とされる
役小角(えんのおずぬ・637~701)が、桜の木に
蔵王権現の像を彫り、大峰山を開いた事から、桜の
木を御神木として愛護したのがそもそもの始まりだと
言われている。全山の桜は10万本とも言われている。
「吉野山 花の盛りは限りなく 青葉の奥も 
なおさかりにて」と、平安末の歌人・西行は、
吉野の桜の輝きに圧倒されている。その様子
が今に伝わってくる。

 西行は生涯に2度、奥州・平泉(岩手県平泉町)の
藤原秀衡のもとに旅をしている。当時の平泉は、
人口約15万人。京・鎌倉と並ぶ北の都だった。
中尊寺の金色堂に象徴される黄金文化が、満開の桜の
ように咲き誇っていた。
 平泉から北上川を渡った所に、牛の背にも似た標高
596メートルの、束稲山(たばしねやま)という山が
ある。全山に1万本以上の山桜が植林されていた。
「ききもせず 束稲山のさくら花 吉野の外に 
かかるべしとは」
西行は、吉野山以外にもこのような桜の名所があった
事に、感嘆した歌を残している。
 西行はもともと、佐藤義清という名の武士だった。
平清盛とほぼ同期である。清盛は保元の乱・平治の乱を
勝ち抜いて頭角を現し、自らは太政大臣に昇りつめ、
平家一門も隆盛を極める。だが、風前のともし火だった
源氏が次々に挙兵し、清盛死して4年後、平家一門は
壇ノ浦の海中へ没したのである。
 さらに源頼朝は、奥州へ出兵して平泉の藤原王国を
滅ぼし、鎌倉幕府を成立させる。西行はその全てを
見届けた。まさに諸行無常・諸業流転の、変転に次ぐ
変転の時代だった。

「願はくは 花のしたにて春死なん そのきさらぎの
望月の頃」
西行はその歌の通り、満月の夜、満開の桜のもとで
73歳の生涯を閉じたと伝えられている。
 
 明治政府は、西行が愛した吉野の桜3万本の伐採を
命じた。吉野桜は封建制度の象徴であり、仏教的御神木
などとはけしからんというのが理由だったらしい。
むろん、平泉・束稲山の山桜も伐採された。
 桜を愛でる心無き「薩長の馬鹿ども」は、軍備を
増強し、朝鮮半島や台湾への侵略やら、日清戦争に
血まなこになる。日本美術院を創設した岡倉天心は、
著書「茶の本」の中で、昔文芸を楽しんでいた時の
日本は野蛮な国と呼ばれ、侵略戦争を始めてからは
近代国家と呼ばれていると、皮肉を込めて語っている。
その「近代国家」は、自己肥大したあげく、大東亜戦争
で自滅してゆくのである。

 いつまでも、桜花を愛で、風雅を味わう日本人であって
ほしいものだ。
それと、美酒を少々・・・西行に乾杯。

サクラ色 (初回限定盤)(DVD付) Music サクラ色 (初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:アンジェラ・アキ
販売元:ERJ
発売日:2007/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 不調の原因? | トップページ | 諏訪 »

コメント

亀松禅寺の亀松書伝!
この文にお目にかかってから、
ずいぶん日にちが経った気がするのですが、
約1年前なのですねぇ。
感動して、忘れられない文章です。

書伝は確か100人で(ノ∇≦*)♪
続きが楽しみです☆

雫さん>書伝は日中の精神文化の中枢を担った
人物に焦点をあてた入魂のエッセイにしようと
企んでいますので、あと4・5年お待ちくだ
さいませ・・・(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/5626458

この記事へのトラックバック一覧です: :

» 内田恭子アナ 水着でリポートしたら乳首ポロッちゃった映像! [内田恭子アナ 水着でリポートしたら乳首ポロッちゃった映像!]
内田恭子アナが水着でリポートしたら乳首ポロッちゃった映像大公開!!元フジテレビアナウンサーで今はフリーアナウンサーとして頑張っている内田恭子アナ!! [続きを読む]

» 湘南の不動産賃貸・売買はセルフドア湘南でお得に! [湘南の不動産賃貸・売買|セルフドア湘南]
湘南の不動産賃貸・売買は、セルフドア湘南で!地元湘南を含む8,000社をまとめて検索できます。しかも、手数料がお得です。 [続きを読む]

» 台湾 地図 [lovie]
米インターネット検索最大手グーグルが、 地図サービスの中で、台湾の説明を 「台湾、中国の省」 と表記していたところ、台湾当局から抗議を受け、 「台湾」との表記に修正していたことがわかった。 [続きを読む]

» 栃木県の桜の名所 大山寺のしだれ桜  [田舎暮らしは最高!!]
田舎暮らしは最高!!へようこそ♪2007年3月25日(日)雨のち曇り◆栃木県南部の桜の名所 大山寺のしだれ桜◆25日の日曜日、桜の様子を見るために、栃木市にある大平山に行ってきました。大平山は、栃木県でも有名な桜の名所です。毎年、桜が咲...... [続きを読む]

« 不調の原因? | トップページ | 諏訪 »