無料ブログはココログ

« 作りあげる精神 | トップページ | 土 »

2007年2月22日 (木)

西岡常一

宮大工・小川三夫の師は、昭和の大棟梁・西岡常一(つねいち)
(1908~1995)である。法隆寺金堂や薬師寺金堂の復興
再建を手がけた。
宮大工の世界には「口伝」というものがある。
その中の1つに「木を買わずに山を買え」というのがある。
これはどういう意味かと言うと、建物の東西南北に、木が
育成した環境のものを、そのまま使えという事なのだそうだ。

山の南側の木は、細いが強い。北側の木は太いが柔らかい。
右にねじれている木は、左にねじれている木と組み合わせて
使え。くせの強い木ほど、命も強い。くせのない素直な木
は、耐用年数も短い。
だから・・と西岡棟梁は言う。強い木が良くて弱い木が悪い
という事ではない。強い木は、柱・桁・梁などの骨組みに、
弱い木は長押(なげし)・天井・化粧板などに用いるのだと。
含蓄のある、味わい深い「智慧」である。
もう1つの口伝「木組みは人組み」に通じている。

「性根というものは、直せるものやないんですわ。やっぱり
包容して、その人なりの場所に入れて働いてもらうんですな。
曲がったものは曲がったなりに、曲がったところに合う所に
はめ込んでやらないかんですな。」

人を動かす 新装版 Book 人を動かす 新装版

著者:Dale Carnegie,デール カーネギー
販売元:創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 作りあげる精神 | トップページ | 土 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/5442923

この記事へのトラックバック一覧です: 西岡常一:

» 股・指・膝・肩 関節痛にコラーゲン [コラーゲン調査隊]
骨と骨が接する関節は、軟骨で覆われており、その軟骨の50%はコラーゲンです。 その症状が現れやすいのが、股・指・膝・肩の部分です。 特に、股の関節痛に悩まされている人は非常に多いと聞きます。 [続きを読む]

« 作りあげる精神 | トップページ | 土 »