無料ブログはココログ

« 西岡常一 | トップページ | ひらがな »

2007年2月23日 (金)

木の性質は土の性質によって決まるという。で、この土
だが、わかっているようなわからないような、何とも奥
深いもののようだ。
 陶芸家で人間国宝の加藤唐九郎(1897~1985)
は、土にはなりたい形があると語っている。

「深い色、表面に色が出ないで、中から出てくる色、
そういうもんが、ほんとうの日本人の好む色や思うん
ですね。見てきれいでないものの中にある美しさと
いうものを、我々はねらってると思うんですね。
きちっと作ろうと思って作るのは面白くないですね。
土によって、その土が好む形が出来ますからね。
それでなきゃ生きてないですわ。土、殺しちゃいます
からね。土のもつ個性が形になって出来ますからね。」

木も土も、生かすも殺すも人間の質に関わっている
という事なのだ。

言葉と声の磨き方 Book 言葉と声の磨き方

著者:白石 謙二
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 西岡常一 | トップページ | ひらがな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/5459175

この記事へのトラックバック一覧です: :

» 電動ろくろトレーニング〜背面挽き編02 [ガレージ陶芸体験工房 伊豆高原スタヂオ]
おもむろに後ろを向き、背面挽きのトレーニング開始です。 好奇の目で見る者も居れば、自分の作品作りに集中している人も居ます。 約一年ぶりの背面引きは、最初のトライよりも 明らか楽〜に挽けました。 [続きを読む]

« 西岡常一 | トップページ | ひらがな »