無料ブログはココログ

« 離見の見 | トップページ | 淀五郎 »

2007年1月12日 (金)

そうか、落語か・・・

そうか、落語か・・・と思った。私はもの心つく頃
から、落語・漫才・講談・浪曲をたっぷりと聞きながら
育ってきたのだった。もしそれが、歌舞伎やミュージカル、
映画や芝居だったら、も少し違った性格が形成されて
いたのかもしれないと思う(^^;)

 ひと口に落語と言っても、さまざまな噺がある。吉原
や品川の廓噺。怪談噺に人情噺。芸の工夫に金儲け。
頭山などという、ナンセンスでシュールな噺まである。
目を閉じれば、吉原遊郭の柳に吹く風の感じや、花魁
の色香をイメージ出来た。おそらく遊郭で何が行われて
いたかまでは知らなかったと思うが、なんちゅう少年
だったのだろう(^^;)
 講談と言えば、軍記物や左甚五郎などの名人伝説。
羽柴秀吉の賤ヶ岳の合戦や忠臣蔵の討ち入り。流れる
ような言葉に酔った。浪曲といえば、清水次郎長一家
の喧嘩出入り。森の石松の武勇伝。やくざな世界だ。
 それらの世界を、空気のようにあたりまえに吸収
しながら成長した。だからその延長線上に、池波正太郎
の小説世界があり、中島らもの現代落語があったのだ。
そして落語の怪談噺に登場する「怨念」の延長線上に、
能の「謡曲」が深みを増して登場したのだった。
昨日、世阿弥について書いていて、改めて思ったので
あった。

田中宥久子の造顔マッサージ Book 田中宥久子の造顔マッサージ

著者:田中 宥久子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 離見の見 | トップページ | 淀五郎 »

コメント

落語はユーモアを交えた一人芝居ですから、
かなり奥の深い芸だと思います。
笑わせるのは泣かせるより難しい、と
言われていますしね。

>頭山
ものすごくシュールですね(笑)。
ブラックなSFとも思えます。

瑞閏さん>頭山と言えば桂枝雀だったのです
が、惜しい人を亡くしました!!
確かに「人の心を開放させる」のが笑いです
からねぇ・・・難しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/4899459

この記事へのトラックバック一覧です: そうか、落語か・・・:

» 借金のある人必見です! [履歴書不要で!空いた時間にお仕事しません?]
学歴不要!経験不要!出勤不要!なーんもいらん。借金生活者だった人が月収1000万なんですよ。儲けたいその気持ちが!儲けるんです!【あと5万あれば生活変わりません?】 その『鍵』をお渡しします。 [続きを読む]

» 無審査で限度額200万円までのクレジットカード発行可能! [特殊金融新聞]
自己破産した方や、ブラックの方でも無審査でカードが発行出来ます。  さらに、広告活動をして新たに会員が誕生するごとに紹介料として、1万円が即日支払われます。広告活動だけでもOKです!! [続きを読む]

» 造顔術〜自分の顔は自分でつくる! [造顔術〜自分の顔は自分でつくる!]
田中宥久子さんの造顔マッサージは、10年前の顔に戻れるマッサージ術をわかりやすく伝授してくれます。 今最も新しいマッサージ方法で、誰でも簡単に実践することができます。 毎日たったの3分! 田中宥久子さんの造顔マッサージを覚えれば、小顔になれます。 しみ、シワ、くすみ、たるみ、毛穴などの悩みも解消。 DVDだから理解しやすい。(田中宥久子さん自らが出演、指導) �... [続きを読む]

« 離見の見 | トップページ | 淀五郎 »