無料ブログはココログ

« イマジネーション | トップページ | TAOの環 »

2006年12月21日 (木)

宿神

クリスマス物語応援サイト

http://xmas0111.seesaa.net/

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。

作家の夢枕獏が、朝日新聞で「宿神」という小説を
連載するという。主人公は、平安末の歌人・西行。
宿神とは、仏教以前の日本の神々だと言う。
渋い!! もともと夢枕は「陰陽師」など、日本の
精神世界のディープなところを突いてくる作家
だが、「宇宙の根源である隠された王」であるところ
の宿神とは、あまりにも渋い!! 渋すぎて、それが
西行とどう関わるのか、私にはさっぱりわからない。

 辻邦生著の「西行花伝」によると、彼も「虚空蔵
求聞持法」を修したらしい。「それは虚空蔵菩薩の
祈願文を1日1万遍唱える求聞持法の修法で、100日
続ければ抜群の聞持(もんじ/記憶保持)の力を得る」
と小説文中にある。虚空蔵とはアカシャーとも言われ、
空と同義である。つまりは、人類の集合意識とでも
言うべき「アカシック・レコード」に接続する技術と
いう事になる。
 虚空蔵求聞持法は、孔雀明王経法を成就した修験道
開祖・役小角が「山のルート」で保持していたという。
正統ルートとしては、702年に入唐した道慈が、
不空三蔵から大日経を継承した善無畏三蔵から伝授され、
大日経と共に日本へ持ち帰ったのが最初とされている。
道慈は善議に伝え、善議は勤操に伝える。この勤操と
長岡京で出会ったのが、18歳の空海である。

2007年4月→2008年3月 KAT-TUNカレンダー Book 2007年4月→2008年3月 KAT-TUNカレンダー

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« イマジネーション | トップページ | TAOの環 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/4627220

この記事へのトラックバック一覧です: 宿神:

» 高三で友達100人 [友達と恋人の違い(ヤルかどうか)]
友達と恋人の違い(ヤルかどうか)について最近悩んでいます。もしよければ私のブログも見て頂けると嬉しいです。 [続きを読む]

» 高三で友達100人 [友達と恋人の違い(ヤルかどうか)]
友達と恋人の違い(ヤルかどうか)について最近悩んでいます。もしよければ私のブログも見て頂けると嬉しいです。 [続きを読む]

« イマジネーション | トップページ | TAOの環 »