無料ブログはココログ

« 第3の眼 | トップページ | プラーナ »

2006年12月12日 (火)

大脱走

やはり精神世界の真理と歴史と具体的実践法を書いたほうが
いいかなぁ・・・と思いはじめています。ブログ書きながら
構想を練っている感じです。どうやらフランスに新たな
覚醒者が誕生しそうな感じです。これは書き手にとって、
最大の喜びなのです。一人でも多く、ドグマの牢獄から
解き放たれる事を願っています。集団脱走の為のトンネル
を掘り続けます!!

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

 退行催眠で母親の胎内記憶まで遡る。それをさらに遡ると、
被験者は生まれてくる以前の記憶について語り出す。前世
記憶である。この前世体験のトラウマから現世の人生に
ついて語ると、より深く具体的なトラウマが見えてくる。
 ひと口に前世と言っても、生まれた時代や国、それぞれの
置かれた環境がまったく異なる。しかし過去2000年
くらいの世界史を通観すると、大体これらは共通体験だろう
という、トラウマの「元型」が何種類か浮かび上がって
くる。

 その中のひとつに「人生は牢獄だ」という思い込みが
ある。千数百年にわたって、キリスト教のドグマはこの世の
絶対法則として君臨してきた。規範を越えた表現は投獄~
死を意味した。ゆえにどんなに理不尽であろうとも服従
せざるをえなかった。怒りの感情は閉じ込められたまま
だった。その結果生まれた、人生とは・・という結論。
 多くの人が「人生は牢獄だ」という閉塞感を抱えたまま
次の世に転生する。そして「牢獄だ」という信念を強化
する「家庭」を選ぶ。最初の支配者、看守は両親である。
 おそらく両親は生まれてきた子を溺愛しただろう。熱心
に食事や排泄の世話を焼いた。その行為を子供は「支配
されている」と受け止める。その子は自己表現を他者から
盗まれないように内に閉じ込めたまま、成長する。
 このタイプの人々の最も厄介な性質は、他者からの
アドバイスを求めながら、どんなアドバイスも間違って
いて役に立たないと主張する事である。いくら牢獄からの
脱出法を示しても、自ら却下して牢獄内に閉じこもって
いるからである。
 つまりはこうした人々に支えられて、独裁的宗教が延命
しているという、悪循環の構図があるのだ。

「ドグマ(教理)とは集合的な観念の牢獄です。そしてとても
奇妙な事に、人間は自らの牢獄を愛しているのです。
なぜでしょうか? ドグマは人間に一種の安心感と、わたしは
知っているという、偽りの感覚を与えるからです。」
と、昨夜読んだ本の一節にあった。その通りだと思う。
だが、あまりにも頑強な彼らの「信仰」に、私は半ば絶望
していた。そりゃそうだろう。この信仰の為、辛い拷問に
耐え、殉教に甘んじ、幾世にもわたって守り通してきた
ものが、ただの「幻想」だなどと言われても、納得出来ない
だろう。ねえ、Cさん・・・

人志松本のすべらない話 其之弐 通常版 DVD 人志松本のすべらない話 其之弐 通常版

販売元:アール・アンド・シー
発売日:2006/12/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 第3の眼 | トップページ | プラーナ »

コメント

うーむ・・

今読むと納得、という感じです。
そのまっただなかにいたときには、何度聞いても
よくわからなかったけど・・

たしかに、その思い込みが人生と自分の行動を縛っていましたね。

フランス滞在中にその思い込みが、人生は楽しい、うれしい、と、
どうやら修正できたようなので、帰国後は穏やかな人生を
送れているようです。

いろいろ示唆をあたえてくださったバイタルさんに感謝です。

千絵さんのおっしゃる通り、私もフランス滞在経験は人生は楽しむもの、そして喜びを味わうもの、とある種の思い込みを解き放たしてくれたものになっています。どうかバイタルさん、これからもどんどん「集団脱走の為のトンネルを掘り続け」て下さいね!宜しくお頼み申します。。

千絵さん>私はあなたの「頑固さ」のおかげで
鍛えられました(^^;) しかしまあ、
なんとスリリングで絶妙な関係だった事で
しょうか。一歩間違えば不倶戴天の敵であって
もおかしくなかったわけですから(^^;)

YUKIさん>覚醒までは単純に「時間」の問題
です。地道に瞑想してください。それが脱走
用トンネルを掘る力につながりますから・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/4518885

この記事へのトラックバック一覧です: 大脱走:

» 人志松本のすべらない話 其之弐が届いた [Beauty]
人志松本のすべらない話 其之弐 通常版posted with amazlet on 06.12.15アール・アンド・シー (2006/12/13)売り上げランキング: 3おすすめ度の平均: 面白い。Amazon.co.jp で詳細を見る届きました!!あは☆見ました!!あは☆爆笑しました!!あは☆まっちゃん、天才。 [続きを読む]

» ユーチューブ すべらない 話動画 [ユーチューブ動画FAN]
すべらない話をユーチューブの動画で紹介♪ 誰にでも一つは、すべらない話をもってい... [続きを読む]

« 第3の眼 | トップページ | プラーナ »