無料ブログはココログ

« 亀松禅事始 | トップページ | のだめ的文章術 »

2006年11月13日 (月)

拈華微笑(ねんげみしょう)

ある日の事。定刻通り朝の説法を行うはずの仏陀が
現れなかった。弟子たちはじりじりしながら待って
いた。
「何があったのだろう?」
弟子たちの思いは乱された。やがて、仏陀が現れた。
その手に薔薇(or蓮華)の花を持って。そんな事は
今までにない事だった。しかも仏陀は、花について
語るわけでもなく、ただじっと花を見つめたままだった。
弟子たちはさらに思い乱れた。
「今日はあの花について語るのではないのか?」
「なぜ黙ったままなのだ?」
「いやいや、これには深い思惑があるに違いない」
弟子たちはじりじりしながら、仏陀の言葉を待った。

その様子を見ていたマハーカーシャパが、ふっと
微笑んだ(あるいは笑った)。仏陀はマハーカーシャパに
その花を手渡してその場を去り、この日の法話が終了
した。かくして世界で最も美しい法の伝授が行われ、
マハーカーシャパは禅の初祖となった。

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

 禅はこうして、言葉を用いず、2500年にわたって法を
伝授し続けてきた。しかも、日本人にとって、伝授された
中身は聞き慣れた言葉で表現されている。「無心」
仏陀とは無心の別名にすぎない。マハーカーシャパは、思考
や感情(心/マインド)に揺れ動く弟子たちを見て微笑んだ
のだ。臨在や一休なら大笑いしただろう。この辺は単なる
キャラクターの違いだが・・・
 せっかく「思考の鋳型」について書いたので、このエピソード
の仏陀とマハーカーシャパの関係性に注目していただきたい。
彼らはただ、一人から一人に花を手渡しただけにすぎない。
ただそれだけの話だ。師と弟子という関係ですらない。
この関係ならば「対話」が可能だ。友人としてお茶が飲める。
ゆえに禅は、○○教○○主義の鋳型には属さない。神も原罪も
カルマも必要ない。いかなる経典も儀式も必要ない。私はこの
拈華微笑のエピソードだけで十分な気がする。
 言葉や思考は、ものを縛る呪ともなり、無心を示す為、
不要なものを掃除する道具ともなり得る。

過去の心はもう無い。未来の心はまだ来ていない。ならば
現在、心はどうして在り得ようか。「私」とは、肉体でも
なければ心でもない。生まれた事も死んだ事もない、純粋な
意識だ。全てはこの認識に尽きる。

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

欧米人には全体を言葉で分割する哲学しかない為、マインドを
超える「ノーマインド」の認識は困難らしい。マインドを超える
言葉も存在しないと言う。シュタイナーが、欧米人は未だに2元
対立から抜け出せないと嘆くのも無理はない。
それにひきかえ日本人ならば、共通語として「無心」が通じる。
これはひょっとしたら奇跡的な民族なのかもしれない。
あえて無心の対語と言われれば、「雑念」だろうか?
この関係性は、書家などの芸術家、剣道などの武道、チャネリング
を行う巫女など、己を空にして明渡さないと極意を体得できない
人々にとって、特に馴染み深いものだ。さすが亀松の森の読者は、
悟りに最も近い人々のようだ!!

(^o^)/゛(^o^)/゛(^o^)/゛

それにしても、このブログでこれを書くとは思わなかった!!

輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン Music 輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン

アーティスト:サラ・ブライトマン,スティーヴ・ハーレー,ポール・マイルス=キングストン,ウィンチェスター・カテドラル・クワイア,ホセ・クーラ
販売元:東芝EMI
発売日:2006/10/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 亀松禅事始 | トップページ | のだめ的文章術 »

コメント

思考とは本当にくせものですね(笑)
拈華微笑の世界観、そして純粋な意識。。
思考の外に抜け出し、「いま」「ここ」で起こっている事を、ありのままに経験すること。
言葉と思考の檻に縛られていることに気づく事がまず最初の一歩かな。外国で暮らしているとほんといろんなことに気づかされます。日本人としての誇りを忘れず、フランス社会でたくましくやっていきたいところです。

YUKIさん>純粋な意識(光・真我)は観照者です。ただ観る者。そしてそれは、外側を鏡の
ように映します。思考は一種の「物」であり、
振動によって精神の法則を発動させます。
思考は意識(覚醒意識)によってコントロール
出来ます。(さすがにあの小説読んだ後だけ
あって、わかりが早い(*´∇`*) あと付け
加える事はほとんどありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/4170563

この記事へのトラックバック一覧です: 拈華微笑(ねんげみしょう):

» 中二の妄想ブログ [ぎゃああああ乳首が取れるぅぅぅぅぅぅぅ]
人工的なバストアップに差別や偏見、中傷をする人はお断り。私を暖かく見守ってください [続きを読む]

« 亀松禅事始 | トップページ | のだめ的文章術 »