無料ブログはココログ

« シュタイナーの人智学・・・みたいな? | トップページ | 死と復活 »

2006年11月17日 (金)

歴史と霊魂

 シュタイナーにとって歴史とは、「自分の中に過去からの感情

を流し込むこと」だという。それによって人類、民族、個人の夢

が示される。その夢や感情には死者が働いていて、夢を自分の

夢として受けとる時、歴史を体験している事になるそうだ。

 これを意訳してひとことに縮めると、作家・司馬遼太郎の言葉

に行き着く。曰く「私はこの世にもあの世にもたくさんの友達が

います」。そうなのだ。歴史作家というのはたいていの場合、

孤独に机に向かって原稿を書いているように見えるが、実は

死者たちの霊が目まぐるしく客として現れ、主人と対話しながら

共同作業として作品化している生き物なのである。司馬氏の

場合は、源義経から徳川家康、織田信長、坂本竜馬に秋山

好古まで、日本史上に登場する膨大な霊との交流があった

わけだ。作家はたいていの場合、霊能者・呪術者なのだ。

 古代オリエントやエジプト、ギリシャ文明の時代、人間は

「肉体・霊魂・叡智(指導理性/神的なものの分身・ダイモーン)

から成る、というのが常識だった。ところがキリスト教徒たちが

古代の叡智の大半を異端として禁止し、オカルト(隠されたもの)

にしてしまった為、唯物主義に洗脳された「動く物体」の群れと

成り果ててしまったというわけだ。

 フィジカル体は置いといて、霊魂は「エーテル体・アストラル体・

メンタル体」から成り、それらを全部ひっくるめて「人間」と言う。

さらに宇宙的存在としてスピリチュアル体・コズミック体などという

のもあるのだが、これも本題から外れるので置いておこう。

ダイモーン(指導理性)を普通、守護霊とか指導霊とか呼んでいる。

興味があるなら、kinaのブログで江原さんの本を置いているので

そちらにアクセスしていただきたい。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き DVD ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/11/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« シュタイナーの人智学・・・みたいな? | トップページ | 死と復活 »

コメント

売り上げの貢献、ありがとうございまする〜。
亀松さんのブログでも江原啓之さんの本、置けばいいのに。
ちなみに、kinaの守護霊(ガイド)はフィリップさんといいます♪

kina>ああ、そう言えばそうだった。
楽天ブックス検索したらたくさん出てきた
ので、早速ヒーリングステーションにUP
します。フィリップさんによろしくー!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/4221310

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史と霊魂:

» SA18-12オリエント スープレードル (大)120cc [激安ショップ]
せっかくなのでトラバさせていただきます。たまに拝見させてもらいます。 [続きを読む]

» 分身くんファンキーアフロキーチェーン(パープル) [分身くんファンキーアフロキーチェーン(パープル)]
顔写真から、世界にたった一つのリアルな立体マスコットができる! [続きを読む]

» 分身くんトイ・ベアーキーチェーン(ブルー) [分身くんトイ・ベアーキーチェーン(ブルー)]
顔写真から、世界にたった一つのリアルな立体マスコットができる! [続きを読む]

» 分身くんトイ・ベアーキーチェーン(ベージュ) [分身くんトイ・ベアーキーチェーン(ベージュ)]
顔写真から、世界にたった一つのリアルな立体マスコットができる! [続きを読む]

» 徳川家康の名言 人生 [心に残る言葉・響く言葉@名言集]
徳川家康の人生に関する言葉人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。不自由を常と思へば不足なく心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基。怒は敵と思へ。勝つ事ばかりを知って負くる事を知らざれば害その身に至る。おのれを責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたるより優れり。この言葉は日光東照宮にあり、徳川家康の人生訓とされています。ウィキペディアによると、... [続きを読む]

» ダ・ヴィンチ・コード [映画の週末 芝居の週日]
映画ダ・ヴィンチ・コードの感想  [続きを読む]

« シュタイナーの人智学・・・みたいな? | トップページ | 死と復活 »