無料ブログはココログ

« 死と復活 | トップページ | デイ・アヌター・トゥモロー »

2006年11月19日 (日)

テンプル騎士団

 薔薇十字団は近代フリーメーソンの母体だが、テンプル
騎士団残党の怨念が加わる事によって、陰謀組織としての
グレードが上がる事になる。フリーメーソンとは本来、
太古からの叡智を受け継ぐ密教的集団だが、ユダヤ民族
の壮絶なる怨念を守り伝える陰謀組織の部分も確かに
ある。

 テンプル騎士団は1119年の第1回十字軍の後、聖地
エルサレム参詣の巡礼者保護の為、シャンパーニュ地方出身
のユーグ・ド・バイエン他8名のフランス騎士によって
結成された組織だった。
白服に赤い十字、長剣と楯を持ち、イスラム教国と戦った。
だが組織拡大の為に、裏でユダヤ人商人と手を組んで、
当時の先進国ペルシャから「貸し金庫・複式簿記・近代
経理技術・兵器・建築・工業・測量・航海術」などの最新
技術を取り入れて、13世紀にはフランス全土に1万の城
と修道院を所有。巨富を築き、ローマカトリック(バチカン)
の財務を管理し、国王に金を貸していた。

 フランス国王フィリップ4世は、傀儡法王クレメンス5世
をそそのかして、テンプル騎士団の大弾圧に乗り出した。
大法官ギョオム・ド・ノガレは、拷問による宗教裁判を実施
し、「テンプル騎士団は悪魔礼拝教団だ!!」との自白? を
引き出した。
 その結果、5年間に54人の騎士が火刑になり、首領
ジャック・モレーも焼き殺された。財産は全てフランス国家
に没収され、モレーは大怨霊となった。その年も終わらぬ
うちに、フィリップ4世もクレメンス5世も「俺は呪われて
いる」という言葉を残し、原因不明の衰弱死を遂げている。
組織は1312年に解散し、残党の多くがフリーメーソン
の会員となっていった。現在の「ユダヤ世界帝国」は、陰謀
によって滅ぼされたテンプル騎士団の大敗北に始まるとも
言える。
 テンプル騎士団はトルコやシリアのイスラム教異端ハサン派
と接触があった。このルートから古代エジプト叡智の書「ヘル
メス文書」を得て、残党らの手によってフリーメーソンに
もたらされた。これを読んだコペルニクスは、「トート自身に
よる隠された書や、古代エジプトの書物を研究した事により、
革新的な洞察力を得ることが出来た」として地動説を発表。
ケプラーやアイザック・ニュートンもヘルメス思想に共感した。
メーソン会員のダンテらによって、暗黒時代に「人間復興」の
狼煙が挙げられ、ルネッサンスが始まった。
 ルネサンスの中心人物、レオナルド・ダビンチも、シオンの
ノートルダム騎士団という秘密結社の財産を管理した大修道院長
の職にあった。また、メーソン系の秘密ルートで「太古の地図」
を入手したコロンブスは、その地図に従って航海し、アメリカ
大陸を「再発見」した。

BLOOD+ COMPLETE BEST Music BLOOD+ COMPLETE BEST

アーティスト:TVサントラ,高橋瞳,元ちとせ,HYDE,中島美嘉,UVERworld,アンジェラ・アキ
販売元:アニプレックス
発売日:2006/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 死と復活 | トップページ | デイ・アヌター・トゥモロー »

コメント

えぇ〜世界史の裏舞台はこういう流れで動いていたのかぁ〜。世界史の先生がバイタルさんだったらきっと興奮して授業に釘付けだろうなぁ。

YUKIさん>アストラルの森3/水月に、
このテンプル騎士団首領ジャック・モレーの
怨霊を出せないものかなぁと考えつつ、
ブログをメモ代わりにしている今日このごろ
なのであります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/4239664

この記事へのトラックバック一覧です: テンプル騎士団:

» さわじりえりか(沢尻エリカ)CD:高橋瞳“コ・モ・レ・ビ” [さわじりえりか的な沢尻エリカ]
さわじりえりか(沢尻エリカ)のCDです。●高橋瞳“コ・モ・レ・ビ”<初回限定仕様>CD(2006/11/1)発売日:2006年11月1日【初回限定仕様:高橋瞳,手紙封入】 [続きを読む]

« 死と復活 | トップページ | デイ・アヌター・トゥモロー »