無料ブログはココログ

« 時代が変わる | トップページ | 深く静かに挑発する »

2006年7月 7日 (金)

七夕の夜何かが起こる

 曇り時々雨、後テポドン。鬱陶しい日が続く。

沖縄から外角高めのコースで、台風が朝鮮半島

を狙っている。

 今日は七夕。普通人々は、笹の葉に願いをこめて

ロマンチックに天の川を仰ぐのだろうが、私の場合

「七夕の夜何かが起こる」のフレーズが強烈に頭の

中に残っている。

 1937(昭和12)年7月7日、北京は37.8度の

熱帯夜。日本駐屯軍歩兵第1連隊第8中隊が、

蘆溝橋北側で夜間演習を行っていた。そこに謎の

実弾が数発撃ち込まれる。報告は現場の清水中隊長

から一木大隊長。そして牟田口連隊長へ。牟田口連隊長

曰く「敵に撃たれたら撃て。軍人が敵から撃たれながら、

いかがしたらよいかなどと聞くやつがあるか!!!」

なんともわかりやすい牟田口連隊長。かくしてこの言葉から

泥沼の日中戦争~太平洋戦争が始まったのである。

「テポドンや 佐渡に横たふ 天の川 」

いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL Book いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL

著者:小林 よしのり
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 時代が変わる | トップページ | 深く静かに挑発する »

コメント

なかなか感慨深げな一句でした。台風、朝鮮半島に向かいましたか、暴れますかね!?

気の早い戦争中毒のアメリカあたりでは、
いかにして北朝鮮を攻撃するかの報道で
盛り上がっているみたいですね・・・嗚呼
ここはひとつ、台風で一息入れてほしいものです。

せっかくの七夕なのに、北朝鮮は何やってんだか…
織姫と彦星も、いつテポドンが飛んでくるかわからないなか、今年も会ってるのかな…

フミーさん>縁ある人というのは、時空の果て
 からだろうと出会うようになってるみたい
 です。野暮なヘロヘロミサイルなんかで、
 恋路の邪魔は出来ませぬ・・・とな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/2533838

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕の夜何かが起こる:

« 時代が変わる | トップページ | 深く静かに挑発する »