無料ブログはココログ

« 函館五稜郭 | トップページ | 薔薇 »

2006年5月15日 (月)

「朝倉はマサカリを振り下ろした。1回、2回

3回と切りつけた。それでもうまく胴体から首

が離れない。さらに切りつけた。それでも首は

離れない。

 朝倉は、明の死体を洗い場に引きずり出した。

マサカリで切り落とすことはあきらめた。今度は

首を鋸で切り落とすことにした。鋸で引き続けた。

マサカリで切れなかった首が、ようやく胴体から

離れた。(大下英治著/練馬一家5人殺しより)

 衝撃的なレポートだったが、なるほど首の骨と

いうのはそれほど切れないものなのかと感心

もした。一方、作家・津本陽は骨付きの豚肉を

日本刀で斬り、「全然手ごたえがなくスパッと

斬れた」と語っている。日本刀はすごいらしい。

 今回、神奈川県大磯で歯科助手の女性が

男の首を切断して逮捕された。誰しも眉を

ひそめる事件だが、一方で「功名が辻」の

山内一豊が戦場で敵の首を討って功名をたてた

と聞いても、眉をしかめる者はいないだろう。

なんかおかしくないか? 大量殺人を命じた

織田信長を「尊敬してます」とかさぁ。

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 Book 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

著者:内田 和成
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 函館五稜郭 | トップページ | 薔薇 »

コメント

いやはや…普通の女の子が男の首を切断なんてちょっとできないよねぇ。
被害者のお父さんもショックだったろうねぇ。

なんかこのところ、凄惨な事件が多すぎます
よね。

一人殺すと犯罪者だが、千人殺すと英雄。
なんて台詞を聞いたことがあります。

私は首を切断した女性に、斬られた男は
どんな酷いことをしたのか…
と、考えてしまいました。
私も、かなり変ですね(笑

恵比寿の探偵さん、コメントどーもです。
特に殺人事件は詳細に掘り下げると、犯人
に同情してしまうケースもありますよね。
同情出来ない幼児殺し・通り魔殺人などは、
被害者家族に棒で殴り殺させる権利を
与えてもよいかと・・・私もヘンです。

亀松さん、ちっとも変じゃないよ。
同情できない幼児殺し、通り魔殺人なんかは被害者家族に殺させてもいいとフォウもそう思います。
こんな奴らに人権なんて言葉、いらない。

棒で殴っても簡単には死なないですからねぇ。
「そう簡単には殺さないよ・・ふふふふふ」
なんてね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/1805696

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 函館五稜郭 | トップページ | 薔薇 »