無料ブログはココログ

« ふりかけ | トップページ | MIXIバトンが来たぞ!! »

2006年5月31日 (水)

ええ女

宮嶋茂樹著「不肖・宮嶋のネェちゃん 撮らせんかい !!」

を読んでいる。1995年に東京拘置所の麻原を2000ミリ

の超望遠レンズで写して伝説の男となった不肖・宮嶋が、

「祝停戦/湾岸原色美女図鑑」「自衛隊レディース」に

続き、「祝停戦/ボスニア原色美女図鑑」を撮ろうと企画

し、防弾チョッキと女性用化粧品を持参して旧ユーゴ

スラビアに乗り込んだ、汗と涙と大笑いのドキュメントで

ある。

 確かにザグレブやサラエボにはええ女が多い。

「アムラ・スマヨビッチ19歳。特殊部隊の父は戦死。

婚約者は地雷を踏んで左足を失った。/彼女は

瓦礫の山と仮した大学図書館前で、にっこり微笑んで

カメラに収まった。どんな条件だろうと、カメラを向ける

と女たちはニッコリ微笑んだという。女とは不思議な

生き物だと、不肖・宮嶋。死体や瓦礫の山だけの写真

より、ええ女というコントラストが在った方が、戦争とは

何かがよくわかるから不思議だ。

Book 絶対裸体―詩音写真集

著者:竹内 彩
販売元:エムウェーブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ふりかけ | トップページ | MIXIバトンが来たぞ!! »

コメント

>ええ女というコントラストが在った方が、戦争とは何かがよくわかるから不思議だ。

そうですね。
クローズアップするには、そういうことなのでしょうね。。
伝える事って、むごいなぁと思いました。

不肖宮島。こないだ1冊読んだけど、面白いね。南極のやつ。しかし、祝停戦でいい女を撮ろうと思う発想はすごいね。ただ、なんとなく下卑たものが見えなくはない気がするが…
ある意味、日本的な表現と言えなくもないか。
「見渡せば 花も紅葉もなかりけり…」
の詩みたいにも感じる。

雫さん>本人はただ撮りたいだけだったり
 してね・・・
恵比寿の探偵さん>宮嶋氏曰く「苦労は写真に
 写らない」だそうで、一瞬のシャッター
 チャンスの為に「牛のような忍耐」をしてる
 仕事・・・探偵さんにも共通かも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/2015148

この記事へのトラックバック一覧です: ええ女:

« ふりかけ | トップページ | MIXIバトンが来たぞ!! »