無料ブログはココログ

« 子供の日に思う事 | トップページ | イナバウアー再び »

2006年5月 8日 (月)

アメリカという国

「雲田康夫著/納豆バカ 世界に挑む」の

書評を読んで、大豆は家畜のエサというのが

アメリカの常識だったと知った。なるほど、

それでアメリカでは人間より家畜の方が優秀

だったのかと理解出来た。吉野家がアメリカ産

牛肉にこだわるわけだ( ̄∪ ̄;)

 アメリカの政治家や軍人は戦争中毒だし、

麻薬やニコチン中毒も蔓延しているし、肥満

は国民の50パーセントを超えている。4大

スポーツが「野球・フットボール・バスケット

ボール」と「ダイエット」の国。納豆が国民の

嫌いな食べ物第一位ってのもわかるけど、

体にいいのは玄米と納豆・豆腐、野菜と海藻

に青魚なんだよな。いわゆる「卑弥呼の食卓」

なんだよ。

国家の品格 Book 国家の品格

著者:藤原 正彦
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 子供の日に思う事 | トップページ | イナバウアー再び »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41137/1717177

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカという国:

« 子供の日に思う事 | トップページ | イナバウアー再び »